アレクサ スキル 使い方

2019年10月17日

AI

AmazonEchoといわれてもピンと来る人はまだまだ少数派なのではないでしょうか。

AmazonEchoとは音声操作機能つきのAIスピーカーです。

身近なものだと昔、iPhoneの「Siri」が流行りましたね。それのスピーカー単体バージョンといえばわかりやすいでしょうか。

Siriを使うのと同じ要領で、「アレクサ、◯○して」と命令し、音楽を流したり、天気やニュースなどの情報を手を使わずにスマートにゲットできる優れものです。

ここではAmazonEchoと付属している便利なスキルを厳選して紹介していきます。

Amazon Echo(アマゾン エコー)とは

AI
アマゾンが2014年に発売したスマートスピーカーというジャンルの家電・スピーカーです。

最大の特徴は音声認証・会話でのやり取りが可能なAI「アレクサ」が搭載されているため、あらゆる操作が音声のみで出来てしまう点。

「Amazon Echo」・「Echo Dot」・「Echo Spot」・「Echo Show」・「Echo Plus」という用途やハードウェア別に5種類ラインナップされています。

音楽再生、天気予報・ラジオ・ニュース情報の読み上げなどのスピーカーとしての機能はもちろんのこと、AIを活かした、家電の遠隔操作や音声によるリマインド機能など、かなり多機能です!

Alexa(アレクサ)とは

ビルトインスキル
アマゾンが開発したAI(人工知能)音声アシスタントです。会話による操作が可能です。

例えば、「アレクサ、今日の天気は?」と聞けば「○○市の今日の天気は晴れ、気温は○○度です!」のように天気予報を読み上げてくれるわけです。

Siri同様にウェイクワードという音声操作をする際に特定の言葉を頭につけます。ウェイクワードは「アレクサ」以外にも様々なものに変更可能です。

Amazon Echoシリーズ全てに標準搭載されています。

今一番おすすめするAmazonEchoは、【新型】Echo (エコー) 第4世代 です。

ビルトイン・スキル(Amazon公式スキル)

上説したように、AmazonEchoには様々な機能があります。音声操作による機能のうち、標準装備されている代表的な機能を紹介していきます。
サードパーティ

音楽を聴く

音声操作「アレクサ、〜の音楽かけて!」といえば音楽が手放しでかけられます。ミュージックライブラリに入れている曲から自動的に再生してくれます。

インターネットを介して、Prime MusicやAmazon Music Unlimitedなどのアマゾンが展開している音楽配信サービス、Spotifyなどとの通信も可能です。

ボリュームの上下・再生・停止・次の曲に行く・シャッフル・リピートなどの操作も音声でらくらく操作できます。

アラームの設定

アラーム機能が意外と便利です。アラームといえば目覚まし時計ですよね。アレクサでは「アレクサ、明日〜時に起こして♪」というだけでアラーム予約がかけられます。

やり取りとしては、「アレクサ、〜の曲で起こして」というとアレクサが「何時にアラームを設定しますか」と返答してくれるので、「午前7時!」というと「午前7時にAmazon musicの〜の曲でアラームを設定しました。」といった具合に音声のみで設定できます。

疲れてアラームをかけるのがめんどくさい時などは非常に便利です。

毎日同じ時間にかけることもできますし、設定したアラームの削除・変更も音声で一括操作できます。それでも心配な方は、アレクサアプリをスマホで開いて、アプリ上で通常のスマホ同様に手動操作・ちゃんとかけられているか確認もできるので安心です。

早口言葉

変わり種ですが、アレクサと早口言葉の練習ができる機能があります。「アレクサ、早口言葉の練習を開いて」といえば起動できます。

するとアレクサが、「生麦生米生卵」などのお題を出してくれます。お題通りに回答して、それをアレクサが合格か否かを判定してくれるゲームです。

単純にゲームとしてだけではなく、滑舌の矯正にも一役買ってくれそうですね。

サードパーティ製スキル(拡張機能)

Amazon Echoには後付けで好きな機能をカスタマイズできるアプリがあります。呼び方はアプリではなく「拡張スキル」といいます。その種類は多種多様で、スマホのアプリ同様に続々と新しいものがリリースされていて、すでに1000種類を超えています。

自作

DELISH KITCHENの簡単レシピ検索

アレクサでは料理のサポートをしてくれるスキルがあります。このスキルでは食材や料理名を指定することでレシピが検索でき、なおかつ作り方の手順を音声で読み上げてくれるので、料理中にレシピを見返す手間を省略できる優れもの。

多言語スタディ

「これ、外国語でなんて言うんだろう。」を即座に解決してくれるスキルがあります。

スキルを起動して、外国語に翻訳したい日本語を日本語でそのまま喋り掛けるだけで、指定した国の言葉に自動翻訳してくれます。指定できる外国語は英語、中国語はもちろん、全部で7ヶ国語も対応しているので、外国語の勉強にも持ってこいです!

スマート家電コントローラ

家電を遠隔操作できる、ザ・スマート家電といった感じのスキル。「ラトックシステム」というメーカーが販売しているスマート家電専用のコントローラを購入、設置すれば、ご自宅のテレビ・エアコン・照明を音声操作で遠隔操作することができます。

普段の生活の快適性が向上すること間違いなしです。

アレクサのスキルを自作!「Alexa Skill Blueprints」

まとめ
アレクサでは自分好みのスキルを作ってくれるサービスもあります。

その名も「Blueprints」。アプリの製作というと難しそうなイメージがあると思いますが、このサービスでは誰でも簡単に作れるようにシステムが組んであります。もちろんプログラミングの知識なんて必要ありません。

作り方は、アマゾンにあらかじめ用意されているスキルのテンプレートを数種類選択するだけです。必要数に応じたテンプレートを選択すると、あとはお任せで大丈夫!ものの数分でオリジナルのスキルができあがります。

まとめ

この記事ではAmazonEcho・アレクサスキルについて紹介してきました。

・AmazonEchoにはアレクサというAIが搭載されているため、iPhoneのSiriのように音声操作ができる。

・音楽再生・アラーム。早口言葉の練習などのスキルが標準搭載されている。

・スキルを拡張したり、新たに作成すしたりすれば、スマートホンのように自分好みの機能を追加できる。

AmazonEchoでできること、スキルについて疑問を持っている方のご参考になれば幸いです。

今一番おすすめするAmazonEchoは、【新型】Echo (エコー) 第4世代 です。