体温発電の仕組みとは?利用例やスマートウォッチを紹介

体温発電の仕組みとは?
『出典:Unsplash』

世の中には、さまざまな種類の発電方法がありますが、大きな電気を作り出すには、デメリットもあります。

そんなこともあるので、クリーンエネルギーに注目が集まる昨今ですが、人の対応を利用して発電する体温発電が誕生しました。

もし体温発電ですべての電気をまかなえるようになれば、地球環境にとってもメリットが多いでしょう。

今回は、体温発電の仕組みや利用例、体温で発電するスマートウォッチについて紹介していきます。

体温発電が誕生

人自身の熱で発電することができれば、すごいことですよね。

普段から発している熱や、運動後の熱などを利用して、発電することができれば、とても便利です。

ですが実は、 熱を電気に変換することは可能で、昔から知られています。

この発電の技術は、現在進行中で、スマートウォッチなどのウェアラブル機器に搭載が進められています。

東京工業大学は、この体温発電について第一線で研究を進めています。

後ほど紹介しますが、この体温発電の技術を搭載したスマートウォッチも誕生。

それでは、体温発電によって、発電する仕組みとはどのようなものなのでしょうか。

体温発電の仕組みとは?

体温を利用して発電するとは、どういうことなのでしょうか。

人間の体温と気温との差を利用することで、発電するというものです。

人間は、平均して100ワットの電球と同じくらいの熱エネルギーを発していますが、その大部分は失われています。

地球上の全人類、約80億人の体温を有効に活用することができれば、なんと世界中で消費するエネルギーの1割をカバーすることができるそうです。

体温発電の利用例

体温発電を利用した例はいくつかあります。

スコットランドのグラスゴーにあるナイトクラブ「SWG3」では、人の体温を施設の冷暖房に利用しているとのこと。

通常、熱気を会場の外に排出するものが、天井に空気収集器を設置して、フロアにいる人たちの熱を吸い上げます。

この熱を、会場の冷暖房のために地中に蓄え、年間70トンのCO2排出量を削減につなげます。

スウェーデンのストックホルムでは、駅を利用する20万人の熱気を利用して、地下タンクの水を温めています。

その後、巨大パイプで温水を暖房システムとして組み込み、オフィスが暖められるというわけです。

このように人の体温を利用したシステムは、新たなエネルギー源として注目されています。

体温発電を用いたスマートウォッチ

体温で発電する充電不要のスマートウォッチが誕生。

リラクゼーション施設やヘルスケアアプリを手がけるメディロムが、Makuakeでクラウドファンディングを行なっている「MOTHER Bracelet」。

多くのスマートウォッチのように、心拍・睡眠・体表温・歩数・消費カロリーの5種類の健康データをトラッキングしてくれます。

他のスマートウォッチと違うところは、充電が不要ですので、バッテリー切れをすることがないということ。

バッテリー切れを起こしてデータが取れない時間のことを「ダウンタイム」と呼ぶのですが、この時間に体調不良や病気の兆候が現れている可能性が高いようです。

医療的にダウンタイムがなくなるというのは、非常に重要なことですので、充電が不要になるメリットは大きいと言えます。

体温発電のまとめ

今回紹介してきたように、人の体温を利用して発電することができれば、非常にメリットが多いと思います。

今はまだ、研究が進んでいる段階で、大きなエネルギーを生むことはできませんが、さまざまなものと組み合わせて利用することで、便利に使うことができるでしょう。

スマートウォッチから、次はスマホなどが充電不要となれば、人々の生活より便利にしてくれるのは、間違いないですね。