新発売のEcho Show 15は壁掛けで便利に!できること・おすすめな人を紹介

Echo Show 15
『出典:アマゾン』

アマゾンから15インチもの大画面を持つEcho Show 15が新発売されました。

これまで発売されてきたEcho Showシリーズの中で最大の画面を持つEcho Show 15は、壁掛けで便利に使うことができます。

Echo Show 15が持つ特徴やできること、Echo Show 15がおすすめな人を紹介しますので、参考にしてみてください。

新発売のEcho Show 15は壁掛けで便利に!

アマゾンから4月7日に発売されたEcho Show 15。

15インチの大画面を備えていて、壁掛けして利用することができるので、便利に使うことができますし、おしゃれです。

アレクサに対応したスマート家電などと連携させれば、家中の家電をモニタリングしながら管理することができます。

Echo Show 15でできること

Echo Show 15にはどのような特徴があるのでしょうか。

実際に購入を考えている人は、参考にしてみてください。

壁掛けができる

やはり最大の特徴なのが壁掛けして利用できることでしょう。

大画面を活かしてフォトフレームとしても利用できますし、映画の再生、自宅の家電を一括管理などできることがポイントです。

ただ賃貸の方などは壁掛けのハードルが高いというのもありますので、別売りで「Echo Show 15専用スタンド」が販売されています。

こちらを使うことで、机の上に設置することができますし、縦向き、横向き、またチルト機構も備わっているので、好きな向きに調整可能です。

ビジュアルID

搭載されたカメラでユーザーを認識することができるビジュアルIDという機能を搭載しています。

カメラでユーザーを認識すると、その人にパーソナライズされた情報を表示してくれるんです。

ユーザーに合わせたウィジェット、カレンダーやメモなどを表示してくれるので、ユーザーを切り替えたりする必要はありません。

またビジュアルIDに対応した音楽サービス(現時点ではAmazon MusicとSpotify)を使えば、認識したユーザーの再生履歴やプレイリストを表示してくれ、家族それぞれの再生履歴をウィジェット上に表示できるようになります。

ウィジェット

大画面を活かしてウィジェットを表示することができます。

ウィジットには、今日の予定や買い物リスト、天気予報、Amazon Musicの再生履歴などを常に表示することが可能。

全画面でニュースなどを表示することができるなど、使い方は利用者次第となります。

また画面上に大きく家族共有メモなどを表示しておくこともおすすめで、買い忘れなどをなくせますよ。

まだスマホなどを持っていない子どもに向けて、伝言として使うこともでき、子どもからの返信を出先から確認することもできます。

カメラ機能

搭載された5メガピクセルのカメラを使ってビデオ通話をすることができます。

さらに、Echo Show 15のカメラの映像をスマホで確認できるので、出先から子どもやペットの様子を確認したいときに便利です。

大画面でPrime Video

Prime VideoやNetflix、Paraviなどの映像配信サービスに対応しているので、大画面で映像作品を楽しむことができます。

パソコン並みの画面サイズがありますので、しっかりと映像を楽しむことができますし、流し見として利用するのもおすすめです。

Echo Show 15がおすすめな人

  • 家族共有のモニターが欲しい
  • 家族で予定やメモを共有したい
  • 音声操作に慣れている
  • Alexa対応のスマート家電を持っている
  • 旧世代のEcho Showの画面サイズに不満がある

これらの要素がある人にはおすすめとなります。

大画面で、家族で簡単に共有して利用できるなど便利な点がたくさんあるEcho Show 15。

Echo Show 15はどのような方にも、非常に便利に使うことができますので、おすすめです。

Echo Show 15は壁掛けで便利に!のまとめ

Echo Show 15は壁掛けでインテリアとして使うだけでもおしゃれですよね。

また家族みんなで使いたいという際にも、特別な操作なく、ユーザーに合った表示をしてくれるなんて、本当に便利な機能だと思います。

まだEcho Showを使ったことない人でもおすすめかと思いますので、参考にしてみてください。