今注目のエシカルフードとは?基準やメリット・食品について紹介

SDGsによって、どのように消費するかを重要視する考え方が広まってきていますが、そんな中で注目を集めているエシカルフード。

これまで明確な定義などがなかったエシカルフードに基準が誕生しました。

そもそもエシカルとはなんなのか、基準が決まったエシカルフードとはなどを紹介しますので、参考にしていただき、生活の中で意識していただけると幸いです。

エシカルとは?

そもそものエシカルとはなんなのか。

「エシカル(ethical)」とは、「倫理的な」という意味の英単語となります。

エシカルフードだけではなく、他にもエシカル消費、エシカル商品などという言葉もよく聞きますが、これだけでは少し分かりずらいですよね。

「倫理的な」、つまり地球環境、人、社会に対して配慮された消費、商品という意味となります。

例えば洋服だとすれば、ゴミとして出されるものの5%は再資源化されますが、残りの95%は焼却処分や埋め立て処分となってしまいます。

処分される洋服の量は1日、1300トンに及んでいるのです。

これによって環境に負荷がかかってしまいますし、消費者一人一人のエシカルな考え方が必要となってきます。

エシカルフードとは?

エシカルフードとは、環境や人、動物などにやさしい食品のことです。

エシカルフードには、以下のものがあります。

  • フェアトレード
  • オーガニック(有機)
  • プラントベース
  • 地産地消

エシカルフードが注目されるようになった要因としてはやはり環境問題です。

小麦やとうもろこしなどの大規模農業は、環境に多大な影響を与えてしまいます。

また食品が大量に廃棄されていることもしっかりと考えていかなければいけません。

エシカルフードのメリット

エシカルフードのメリットとして、腸内環境を整えたり、肥満、過食の予防をすることができると言われています。

オーガニック野菜は栄養価が高く、バランスの良い食事をすることができます。

また企業のメリットとして、健康意識の高い人が増えているので、エシカルフードを取り扱ったり、取り入れることでアピールにつなげることができる点です。

消費者や従業員からのイメージアップを図ることができるので、いいことづくめでしょう。

エシカルフード基準が誕生

これまでエシカルフードについて紹介してきましたが、これまでこれがエシカルフードという明確な基準はありませんでした。

そんなエシカルフードに基準が誕生しました。

エシカルフードアクションについて考え、行動していく共創型プラットフォーム『Tカードみんなのエシカルフードラボ』が『エシカルフード基準』を作成。

エシカルフード基準

身内だけで基準を作れば効力がないので、食品メーカーや流通企業と協力して作られました。

今回発表のエシカルフード基準は大企業向けのようで、今年の初夏までには中小企業向けの基準も発表されるとのこと。

エシカルフードにはどんな食品がある?

エシカルフードにはさまざまなものがありますが、身近で取り入れやすいものを紹介します。

オーガニック野菜

オーガニック野菜
『出典:Pixabay』

日本でも意識の高い人はすでに注目しているのではないでしょうか。

オーガニック野菜には、化学肥料や殺虫剤が使われていません。

ただ手間がかかる分、大量生産ができないので、価格も高くなってしまいます。

注目があるまり、需要が増すことで、市場拡大につながっていくでしょう。

代替ミルク

代替ミルク
『出典:Pixabay』

牛乳以外の植物性のミルクのことです。

最近では、オーツミルクやアーモンドミルクなどもスーパーでも見かけるようになりました。

さまざまな種類の植物性ミルクがありますが、どれも美味しく楽しめます。

代替肉(大豆ミート)

代替肉
『出典:Unsplash』

最近よく目にするようになった大替肉。

大豆ミートが有名ですが、植物性の原料を使って肉の味や食感、風味を再現しています。

フェアトレードコーヒー

フェアトレードコーヒー
『出典:Pixabay』

コーヒーの世界では、正当な賃金が払われていなかったり、劣悪な環境で働かされたりといった横行していました。

こうした現状を打破するため、フェアトレード(公平・公正な貿易)コーヒーが生まれたのです。

その他にも、フェアトレード商品として、カカオ、ワイン、果物などもあります。

エシカルフードのまとめ

SDGsやエシカル、フェアトレードなどの環境や人に配慮した考え方が広まってきています。

企業などが積極的に取り入れることによって、消費者の意識も高まっていき、社会全体に広まっていくことでしょう。

自分達でしっかりと守っていきたいですね。