「Google Home Mini」と「Google Home」の違いをまとめてみた

2019年9月13日

Google home ベースの画像

Googleのスマートスピーカーを購入しようと思っているけど、「Google Home Mini」と「Google Home」のどちらを買えば良いのか迷ってはいませんか?そこで、今回は「Google Home Mini」と「Google Home」との違いをご紹介します。

音量・音質は「Google Home」が圧勝

デジタル的な音符の画像

Google Home Miniは、Google Homeのバーチャルアシスタント機能を全て使えます。しかし、Google Home Miniの価格はGoogle Homeの価格の半分以下です。Google Home Miniを購入した方がお得に見えますが、「Google Home Mini」と「Google Home」の最大の違いは「音量・音質」です。

まずは「音量」ですが、Google Homeの方がGoogle Home Miniよりも大きいので、音量は断然Google Homeの方が大きいです。音量にプラスして、Google Homeは低音がしっかり響きます。音楽をガンガン聞きたい人にはGoogle Home、マンションなどで大きな音は出せない環境の人にはGoogle Home Miniがおすすめです。

Google Home Miniは屋外でも使用できる

シガーソケットの画像

Google Homeの電源供給はACアダプターなので、家庭用コンセントからの給電になります。それに対してGoogle Home Mini給電はマイクロUSB(5V1.8A)です。家庭用コンセントが無い場所や車の中でも、モバイルバッテリーやPCなどから電源を供給することで動作します。

車の中でGoogle Home Miniを使用するときは、シガーソケットにマイクロUSBを繋いで電源を確保するのがおすすめです。ハンドルを握っていると両手がふさがっているので、音声操作で音楽やラジオを流してくれるGoogle Home Miniは重宝しますよ。
※スマホによるテザリングやモバイルWi-FIルータによるWi-FI環境が必要です。

Google Home Miniは着せ替えができない

Google home ベースの画像

画像引用:https://store.google.com/jp/product/google_home_base

Google Homeのカラーはホワイト1色しかありませんが、ベース(底の部分)は着せ替え可能です。
Googleストアには、マグネット式のGoogle Homeベースが販売されています。

  • コーラル(ファブリック製)
  • カッパー(金属製)
  • カーボン(金属製)

の3色が用意されていて、送料は無料です。ベースの色を変えると、カスタマイズ感が高まりますね。

画像引用:https://store.google.com/jp/product/google_home_mini_setup?hl=ja-JP

Google Home Miniには着せ替えパーツがありませんが、カラーが4色(チョーク・コーラル・チャコール・アクア)あるのでお好みのカラーをチョイスしましょう。

ベッドに置くならGoogle Home Miniがおすすめ

ベッドルームの画像

Google Homeは、室内のどこから話しかけてもマイクで音声が拾えます。しかし、小声だと拾えないときがあるのが難点です。そこで、コンパクトなGoogle Home Miniを枕元へ置くことで、小声で話しかけてもマイクで音声を拾ってくれるという利点があります。

まとめ

Google Home MiniとGoogle Homeの違いは、「価格」「音」「電源供給方法」「カラーバリエーション」です。とくに音量と音質にこだわらない場合は、安価なGoogle Home Miniがおすすめです。スマートスピーカーは、1部屋に1台あると便利なので2台目、3台目の購入を考えてみてはいかがでしょうか。