新たな雇用を生み出すメタバース建築とは?日本初の設計事務所も誕生

さまざまな企業が参入を表明して、賑わいを見せているメタバース。

すてにメタバースの世界をメインに生活をしているという人もいるほどです。

そんなメタバースの世界の建築を専門に仕事をしている人もいるということで、メタバース建築について紹介していきたいと思います。

メタバース建築とは?

今ではメタバースの世界は当たり前のものとなってきていますよね。

メタバースの世界に、自分のアバターを作り、操作することで、まるで現実世界のように楽しむことができます。

そんなメタバースの世界で、メタバース建築なるジャンルが流行しているようです。

メタバースの世界に、現実世界のような建築物を設計することを楽しんでいる人たちが存在しています。

非常にリアルな建築物を設計することができて、それを専門に仕事をしている人がいるほどです。

メタバース建築家が誕生

上記で紹介したように、メタバースの世界での建築物を専門に設計することを仕事にしている、メタバース建築家の方がいます。

株式会社サイバーエージェントが、メタバース空間における建築物や空間デザインの研究・企画・制作を目的に、専門組織「Metaverse Architecture Lab(メタバースアーキテクチャラボ)」の設立を発表。

また、顧問として建築家の隈研吾氏が就任したとのこと。

現実世界での有名建築家が、メタバースの世界の建築物の顧問をするというのはすごいことですよね。

メタバース建築家には、デザインを専門としている方だけではなく、建築を専門とする方たちも続々と参入しているようです。

メタバース建築では、これまで物理的に表現することとのできなかったこともできるということもあり、夢のある建築物が数多く生まれています。

日本初のメタバース空間特化の設計事務所が設立

また、日本初となるメタバース世界に特化した設計事務所も誕生しているようです。

株式会社Xが、メタバース空間専門の設計事務所「メタXINC設計事務所」の設立を発表しました。

事務所設立に伴って、建築士免許を持っている方や、メタバース上でクリエイティブな活動がしたいという方を募集しているとのこと。

これからどんどんと発展を見せるであろうメタバースの世界で活躍したいという方は、ぜひ応募してみてください。

メタバース建築のやり方は?

メタバース建築を始めるには、まずはメタバースの世界に登録しないといけません。

メタバースの世界には、さまざまな種類がありますが、好みのものを選びます。

建築物に特化したメタバースなどもありますので、本格的な建築物を作りたいという方は、そういったものを選ぶといいでしょう。

建築特化型に、「comony」があります。

こちらでは、有名建築家の建築や架空の建築、また現時点では不可能な建築物を作ることができます。

建築物を建てるには、専用の開発キットを使い、設計した空間をポートフォリオとして、共有することで、人を招待することができます。

建築を建てるだけではなく、見るだけでも楽しむことができるので、おすすめです。

メタバース建築とは?のまとめ

最近になってようやく浸透し始めたメタバース。

やっとメタバースがどういうものなのかわかってきたところでしたが、そこで生活や仕事をしている人がいるなんて驚きです。

これから、さらに新しい仕事がメタバース内に生まれていくでしょうから、今のうちに参入しておくのがいいかもしれませんね。