無意識の差別マイクロアグレッションを「マイクロペディア」で無くそう

無意識の差別マイクロアグレッション
『出典:Pixabay』

みなさんはマイクロアグレッションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

なかなか聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、無意識の差別のことを指します。

気づかないうちに差別的なことを言っていたり、人を傷つける言葉を言っていたりしないように、マイクロアグレッションのことを知り、今回紹介するマイクロペディアで対策してみてください。

マイクロアグレッションとは?

マイクロアグレッションという言葉は、日常生活ではなかなか聞くことのないものだと思います。

別名「小さな(マイクロ)攻撃性(アグレッション)」と言われていて、相手を傷つけたり、差別したりする意図はないけど、相手の心に影を落とすような言動をしてしまうことです。

自分と異なる人に対する無意識の偏見や無理解、差別心が含まれているため、相手を傷つけてしまいます。

マイクロアグレッションの例

どのような言動が相手を傷つけてしまうマイクロアグレッションとなるのか例を紹介していきたいと思います。

  • 「ブラジル人だから、サッカーが上手なんですか?」
  • 「〇〇さんは韓国人だから、キムチを持ち歩いてるの?」
  • 「LGBTQなの?見えない、普通の人みたい」

これら以外にもさまざまな例がありますが、その言葉には人種や文化背景、性別、障害、価値観の違いによる、差別が含まれていることが多いです。

これらは、無意識のうちに攻撃性をはらんでいます。

マイクロアグレッションと差別の違い

マイクロアグレッションと差別は、まったく異なるものというわけではなく、マイクロアグレッションは差別の一種です。

厄介なことに、発言した本人に差別の意識がないということが多いでしょう。

さらに、本人からすれば褒めたつもりの可能性もあります。

こうした攻撃に気づいた人が、声を上げれば、「考えすぎだ」「気に入らないなら出ていけ」など非難されることさえあるのです。

こうしたことから最近では、マイクロアグレッションというものに批判的な声もあります。

マイクロアグレッションの対策

ですがそうとはいえ、マイクロアグレッションを行うのはいいことではありません。

マイクロアグレッションをやらないために、対策することが大事でしょう。

対策方法は、非常にシンプルなものになりますが、発言をする前に一度振り返ってみることです。

この発言は相手に失礼ではないだろうかと、コミュニケーション相手を尊重することが大事となります。

マイクロペディアとは?

マイクロペディアとは?
『出典:Pixabay』

これまで紹介していきましたが、どのような発言がマイクロアグレッションに当たるのか判断が難しいですよね。

そのような人におすすめなのが、マイクロアグレッションのオンライン辞書「マイクロペディア」となります。

オンラインユーザー参加型の辞書となっていて、クラウドファンディングで運営をされています。

こちらは、ユーザー自身がマクロアグレッションに当たると考えられる用語やフレーズなどを解説して追加していくのが特徴です。

マイクロペディア上のフレーズとして、「LGBTQ/年齢/階級/障がい/民族性/ジェンダー/先住民族/人種/宗教」の項目に分かれています。

これらのフレーズが使われるシチュエーションや、そのフレーズがなぜマイクロアグレッションとなってしまうのかを情報提供することで、認知を高める目的で生まれたそう。

マイクロアグレッションのまとめ

日本では、マイクロアグレッションという言葉はまだまだ浸透はしていませんが、確かに普段の何気ない会話の中に、無意識の差別が含まれている場面はありますよね。

マイクロペディアを活用することで、どのようなものがマイクロアグレッションに当たるのかを知っておくだけでも避けることができるのではないでしょうか。

先ほども紹介しましたが、やはり相手のことを尊重して、失礼にあたるのではないかと考えることが大事となるでしょう。