コロナ後遺症のブレインフォグとは?少しずつ謎が解明されつつある

なんだか近頃、やる気が出なかったり、集中力がなかったりで、疲れていると感じてはいませんか?

その原因はもしかしたら、新型コロナウイルスの後遺症にあるブレインフォグかもしれません。

ブレインフォグとはどういったもので、症状や治療法について紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてください。

コロナ後遺症でブレインフォグが続出

新型コロナウイルスが流行し、感染したという人も多くいらっしゃるかと思います。

無事にコロナから回復して、安心と思いきや、なんだか体調がすぐれないと訴える人が続出しているとのこと。

なんだか今までのように集中できない、物忘れが増えたなどの症状がある人が増えているようです。

もしかしたら、その原因は、コロナ後遺症のブレインフォグかもしれません。

まだまだこの後遺症に関してわかっていないことばかりですが、ブレインフォグがどのようなものなのかを紹介していきます。

ブレインフォグとは?

「ブレインフォグ(Brain Fog)」とは、頭にモヤがかかったようにぼんやりしてしまい、考えたり集中するのが難しくなってしまうのことです。

脳の霧という意味で、記憶障害や集中力の低下などの症状が見られます。

これまで元気だったのに、急に頭が働かないなどの状態に陥ってしまうので、不安を感じている人が多くいらっしゃいます。

ブレインフォグは、医学用語ではなく、明確な定義があるわけではありません。

また新型コロナウイルスだけではなく、以下のような病気にもブレインフォグを引き起こす可能性があります。

  • うつ病
  • 双極性障害
  • 睡眠障害
  • 適応障害
  • 慢性疲労症候群
  • PMS(月経前症候群)/PMDD(月経前不快気分障害)
  • ADHD(注意欠陥多動性障害)/ASD(自閉症スペクトラム・発達障害)
  • 依存症(アルコール・薬物など)

ブレインフォグの症状

ブレインフォグの症状として言われているのは、以下となります。

  • 集中しようとするほど頭がぼーっとする
  • 頭に鉛が入っているように重い
  • 考え事をしていると違う情報が入ってくる
  • 相手の話が聞けなくなった
  • マルチタスクができない
  • 会話中に適切な単語が思いつかない
  • 物事を始めるのに時間がかかる

ブレインフォグの原因としては、あちこちから情報が入ってきてしまって集中できないということもあります。

テレビ、パソコン、ゲームなど、常に新しい情報が入ってきてしまうことで、脳疲労が起こってしまう可能性があるんです。

また、労働時間が長い、仕事の精神的負担が大きい、睡眠時間が短い、慢性的に疲れている、などに当てはまる人もブレインフォグになりやすいでしょう。

ブレインフォグの治療方法

コロナ後遺症によるブレインフォグの治療方法としては、まだ明らかになっていないので、確率していません。

ですが、コロナ後遺症以外による治療方法としては、生活習慣の改善とTMS治療(磁気刺激治療)の2つがあります。

ブレインフォグの原因は、ストレス、脳の疲労、睡眠不足、生活習慣の乱れなど。

また、集中力や思考力の低下は、脳の神経ネットワークが偏ることで発症していると考えられているので、TMS治療(磁気刺激治療)を施すことで、改善できるとされています。

TMS治療(磁気刺激治療)は、一回で終わらないので、30回ほど通院する必要がありますが、世界中で普及されている信頼の治療方法です。

ブレインフォグの謎が解明されてきている

コロナ後遺症によるブレインフォグの治療法に関しては、まだ解明されてはいないのですが、少しずつどのようにして起こっていることなのか研究が進んできています。

海外の動物実験でわかってきたのは、新型コロナウイルスに感染することによって、全身に炎症が起こり、それによって、自分の体を攻撃する自己抗体や炎症を引き起こすサイトカインという物質ができます。

それらの物質が、血流に乗って脳まで行って、炎症を引き起こすことが原因なのではないかとされています。

今はまだ、対症療法しかないので、これからさらに研究が進んでいくことが重要ですね。

まとめ

新型コロナウイルスが流行してから、なんとなく集中できないとか、気分が乗らないと感じている人もいるのではないでしょうか。

改善するために、今回紹介したような治療法などを試してみてください。

不安に感じている人も多いかと思いますが、研究が進んで、治療法が治療法が確立する日も近いかと思いますので、期待したいですね。