サステナブルなスロートラベルとは?メリットだらけで旅行を楽しもう

時間ができたら、すぐに旅行に行ってしまうというほどの旅行好きの方も多いと思いますが、癒されに行っているのに、逆に疲れてしまうといったこともあるのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、今回紹介するスロートラベルという考え方です。

これまでの旅行とスロートラベルとの違いや、メリット・デメリットなどを紹介していきますので、参考にしてみてください。

これまでの旅行

これまでの旅行といえば、旅行先を決めて、巡りたい観光名所などを決めて、かなりタイトなスケジュールを組むようなイメージがありますよね。

もちろん旅行先を最大限に楽しむためには、予定を詰め込みたいという気持ちはわかりますが、それだと予定調和になってしまいますし、疲れてもしまいますよね。

せっかく立てたスケジュール通りに進めることができず、疲れるだけじゃなく、ストレスも溜まってしまうということもあるでしょう。

そういった中、より充実させて、より心を癒したいという想いから生まれたのが、スロートラベルです。

スロートラベルとは?

スロートラベルとは、言葉の通り、行きたい場所をゆっくり巡ったり、見たいところ、やりたいことを大切にしたりする旅行のスタイルです。

まだ、旅行のスタイルとして新しく、しっかりとした概念があるわけではありません。

これまでの旅行を、「広く浅く」とするなら、スロートラベルは、「狭く深く」といったイメージ。

似たような概念として、スローフード、スローファッション、スローライフなどがあります。

スロートラベルはサステナブル

スロートラベルには、多くのサステナブルな点が存在します。

旅行先で、観光地の表面を浅く触れるのではなく、地域社会に深く関わったり、学んだりすることで、地元コミュニティと強く結びつくことができます。

また、これまで現地の環境やコミュニティを配慮してこなかった旅行会社に対して、サステナブルの重要性を訴えることにも繋がるんです。

さらに、飛行機などを利用せず、自転車、船、電車などでゆっくり移動することで、寄り道したり、人との交流も生み出すことができますし、環境負荷を低減させることもできます。

スロートラベルのメリット

スロートラベルのメリットを理解して、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。

リラックスしてストレスを減らせる

先ほどの紹介したように、旅行のスケジュールを詰め込みすぎることで、疲れてしまいますし、ストレスを溜めてしまうことにもつながりかねません。

ゆっくりと旅行することで、そういった負担を減らすことができます。

深いつながりを生み出せる

観光地で、これまでより深い体験やつながりを生み出すことができます。

コミュニティに利益をもたらす

これまで訪れることのなかった人里離れた地域や小さなコミュニティにスロートラベルすることで、利益をもたらすことができます。

お手頃に旅行できる

パッケージツアーや人気のレストランなどに行くと、結構な金額がかかってしまいますが、観光地から離れたエリアの飲食店や宿泊施設に行くことで、お手頃に旅行することができます。

自分だけの体験

これまでの万人に向けた旅行スタイルとは違い、スロートラベルは、自分だけの体験をすることができます。

どのような体験やつながりを求めるかは、自分次第となってくるので、特別な体験によって、満足感を得ることができるでしょう。

スロートラブルのまとめ

旅行することは好きだけど、せっかくリフレッシュしに行っているのに、疲れてしまっていたという方もいるのではないでしょうか。

そんなことを感じていた方には、ぜひスロートラベルを試してみてほしいと思います。

スロートラベルを実践してみることで、これまでにない充実感を得ることができるかもしれませんよ。